技術への取り組みCommitment to technology

ドップラーセンサーの技術

ドップラーセンサーの技術

当社のマイクロ波センサは、マイクロ波を用いたドップラーセンサであり、誘電体発振器(DRO)により、発振の立ち上がり速度を速め、安定した周波数での発振を可能とすると共に間欠動作させることができるようになり、消費電力を大幅に低減させています。

ドップラーセンサは発射したマイクロ波の反射波を受信し、発射した周波数と受信した周波数の差から動体を検出するドップラー効果を利用したセンサです。

セキュリティ装置の人体検知用センサとしてドップラーセンサを採用する場合には、その基本的な回路構成はもちろんですが、人体以外の動体への反応や温度変化に対する安定した動作を提供する必要があります。 そのため発生した信号に対してソフトウェア処理を行い、主に人体の動きを検出する技術が必要とされます。

当社では誤動作に弱いとされるドップラーセンサのさまざまなパターンを検証し、必要とする動体の検出を可能としています。

センサイメージ

センサイメージ

※本サイトに掲載の情報は弊社が用いている技術の紹介であり、全ての製品に利用されているものではありません。 また現時点で最新の情報ではありません。 尚、掲載の情報に対するお問い合わせはお受けしておりませんのでご了承ください。